トロッコの旅

旅しまーす

    カテゴリ: ピックアップ


    川口 春奈(かわぐち はるな、1995年(平成7年)2月10日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、YouTuber。愛称は「ハルル」「はーちゃん」。長崎県五島市(旧・福江市)出身。研音所属。 2007年、第11回『ニコラ』のオーディションにおいてグランプリを獲得。研音の子供部門「けんおん。
    76キロバイト (10,137 語) - 2020年5月7日 (木) 20:36



    (出典 img.sirabee.com)


    賢いねぇ・・・
    油断できないねぇ・・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/04(火) 08:37:50.31

    31日、女優の川口春奈が自身のYouTubeチャンネルを開設し、2日には初めてとなる動画を公開した。

    この動画がいろんな点において最高だったので、YouTubeマニアであり、当サイトにおいてYouTube番となっている記者がその理由を3つ紹介したい。


    ■川口春奈、実家に帰省する
    まず最初に簡単に動画の内容を説明していこう。動画冒頭、川口はチャンネル開設の動機を説明。「私のことをもっと近くに感じてほしい。素の部分含め、私の色んな面を見てもらいたいなと思って」などと語る。

    その後、故郷である長崎県・五島列島に里帰りしていることが明かされ、「空港の前→車の中→スーパー→自宅入口」まで写されていく……という構成だ。


    関連記事:川口春奈が謎ポーズを公開 寝転んで引っ張られている写真が「どういう状況?」と話題に

    ■自撮りゆえの自然体感
    まず最初に推せるポイントが、全編にわたって川口自身による自撮りであること。川口の美しい顔がアップで、下から横からときには上から堪能できるため、まず視覚的に楽しめる。記者は最初、スマホで視聴していたのだが、思わずPCで2再生目をしてしまった。

    ちなみにだが、YouTube好きの人にとってもこの「自撮り」というのは逆に新しいのではないだろうか。というのも、トップユーチューバーたちはどうしても労力的に屋内での撮影が増えがちで、外ロケが少なめだからだ。

    また、グループユーチューバーが増えたこと、駆け出しであってもクオリティ向上のためにカメラマンを雇うのが普通になっていることも、自撮りの減少に影響しているだろう。

    ■川口春奈の帰省

    次に推せるポイントが、帰省という日常が映し出されていること。駆け出しユーチューバーの帰省なら観たくない人が大半だろうが、すでに女優として大活躍している川口なだけに、日常が逆に新鮮に写るのだ。

    流れもかなりリアリティがあり、空港前から撮影が始まると、迎えに来てくれた母の車で帰路に。晩ごはんを何にするか、甥っ子のかわいさについてなど、他愛もない会話をしながら自宅へと向かっていく。

    人気女優の帰省を覗き見しているかのような楽しさと、親近感を同時に感じられるのだ。

    ■飾らない姿を別角度で

    川口と言えば、もともと飾らないキャラクターで知られる人物だ。変装なしで電車に乗る姿を投稿したり、母親に風邪を移されて酷いコンディションになっていることを明*など、ぶっちゃけ投稿はたびたび話題になっている。

    動画ではそんな飾らない姿を違う角度で楽しめる。たとえば帰宅途中、母親と一緒にスーパーに寄るのだが、そこで誰も話しかけてこないことに落胆。しかし、直後に店員のおばちゃんが声をかけてくれると「嬉しい」と一気に笑顔を見せてくる。

    これが非常に微笑ましく、「人気芸能人でも、地元の人に応援されるのは格別に嬉しいんだろうな……」と思わず感じてしまうのだ。


    ■よく自撮りをする人は少数派

    動画内の発言によると、今回の動画はスマホで撮影していた模様。しかしそうとは思えないほど画質は良く、なにより何度も繰り返すが川口の顔が美しかった。

    ちなみに、しらべぇ編集部が以前、全国10代~60代の男女1,721名を対象に調査したところ「自撮りをよくする」と回答したのは全体の6.2%だった。男性5.8%、女性6.6%と、やや女性のほうが自撮り率が高いようこともわかっている。

    次回は帰省編の続きのようなので、自撮りは続行すると見られる。今後、スタジオなどでの撮影も増えるかもしれないが、定期的に自撮りでのオフ日動画を出してくれることを切に願う。

    (文/しらべぇ編集部・宝田洸太)

    【調査概要】
    方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
    調査期間:2019年5月17 日~2019年5月22日
    対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162250095/
    2020年02月04日 05時00分 しらべぇ


    【計算し尽くされいた川口春奈のyoutube戦略!】の続きを読む


    吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    81キロバイト (11,003 語) - 2020年5月7日 (木) 09:23



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    逃げちゃだめだ!
    逃げちゃだめだ!
    逃げちゃだめだ!

    逃げちゃった・・・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/10(月) 16:32:21.39

    女優の吉岡里帆が、去る5月29日発売『週刊少年マガジン』の表紙とグラビアに登場。
    すると、過去に吉岡が発したトンデモない発言が蒸し返され、
    ネット上で「ずいぶんエラくなったもんだ」などと、あらためて白眼視されるハメになってしまった。

    吉岡は2017年10月、女性向けサイトの『She is』に掲載された対談内で、デビュー当時にグラビアをやっていたことを〝汚点〟だというニュアンスで語っていた。
    「ワンコインで買える週刊誌で披露して…」「1週間後には廃棄処分されて…」などと、好奇の対象となっていることに露骨な嫌悪感を示していたのだ。

    「新人が名前を売るのに週刊誌などで水着をするのはごく普通のことだし、それを恥ずかしいことのように言ったのは、やはり同業に対して失礼ですね。
    有名女優オーディションで最初から女優として期待されていたならともかく、すごい勘違い発言でしょう」(アイドルライター)

    吉岡がグラビアに批判的なのは有名だ。「私は水着姿なんて絶対出したくなかったし、両親からも、『本当に結婚するような人にしか見せちゃだめ』という教育を受けてきたから」などとも公に語っている。
    さらには「人は、脱いだ人を『脱いでる人が芝居している』って見るんですよ。脱がない人のことは、はじめから『この人は芝居する人なんだ』という目で見ます」とも。

    「つまり、彼女の言葉の端々から、グラビアを低く見ていることが分かる。自分は女優のつもりで言っているのでしょうが、果たしてそうでしょうか」(同・ライター)

    女優を気取るのはおこがましい

    吉岡は昨年、ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)、『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の2作で主演を務めたが、前者が全話平均視聴率7.7%、後者が同5.8%と大惨敗。

    「年2作で、それも視聴率10%に遠く及ばないのですから、女優を気取るのはおこがましい。即刻、廃業すべきです」(テレビ雑誌編集者)

    そもそも吉岡は14年、週刊誌のグラビアで水着デビュー。Eカップ巨乳を武器に登場した典型的なグラドル上がりだ。

    「みんな、できれば水着なんてやりたくないんです。でも、そうやって知名度を上げ女優になることを夢見ている。
    吉岡のように、ちょっと有名になった程度でグラビアを批判するのは言語道断。先が見えた感じです。
    しかも、彼女は女性人気がない。これも女優として致命的で『身の程を知れ』ですよ」(同・編集者)

    ネット上ではこんな辛らつな意見も…。

    《今後、未来永劫「吉岡里帆」「水着」とかでググれば誰でもお手軽に水着姿を見れるからな 本当に嫌なら絶対にやるべきではなかったんだけど、じゃあなんで脱いだの? 売れたいからでしょ?》

    世間は〝脱ぎ女優〟を目指すべきと思っているようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1868032/
    2019.06.10 10:31 まいじつ


    (出典 i.pinimg.com)






    【吉岡里帆が現場から逃げたかった過去の仕事を告白する。】の続きを読む


    本田 (ほんだ つばさ、1992年6月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、YouTuber、タレント。主な愛称はばっさー。東京都出身。スターダストプロモーション所属。 2006年に、当時の所属事務所であったスプラッシュから、それぞれ別々の7人によってスカウトされる。2006年にファッ
    47キロバイト (6,060 語) - 2020年4月30日 (木) 10:37



    (出典 toresoku1.com)


    どっちもかわいいんだからねぇ・・・
    仕方ないねぇ・・・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/06(金) 16:47:07.32

    3月3日に、新たな動画をYouTubeで公開した本田翼。相変わらず大好評を博しているが、迫りくる川口春奈に危機感を覚えているようだ。

    この日、本田は、『服日和(1)』と題し、自宅で着替える様子を投稿。当日の気温を告示した後、天気に合ったコーディネートを本田が紹介していくという、モデルらしいファッション動画だ。


    (出典 Youtube)


    本田が軽く雑談をしながらただ着替えていくだけのシンプルな動画だが、再生回数はたった1日で80万回超えと大人気。動画のコメント欄には、

    《「天使」って言葉は本田翼のためにある。すごい癒やされた…ありがとうございます》
    《ばっさーがかわい過ぎて動画があっという間に終わっちゃう!》
    《かわい過ぎてグウの音も出ねえ》
    《まじ無敵ほんとに神》

    などと、絶賛の声が相次いでいる。

    対抗心を燃やすほどファンは得する
    一方でネット掲示板には、

    《何かなりふり構わない感じになってきたなぁ。川口春奈の勢いにビビったか》
    《川口春奈が出てきてから慌てだした感は否めない》

    など、最近YouTubeデビューした川口の勢いを警戒していると指摘する声が上がっていた。

    「本田は〝顔を出してしゃべるだけ〟で再生回数が爆伸びするとモテはやされてきました。しかし川口も同じような手法で再生回数を稼いでおり、2人の対決は究極の〝顔面対決〟と化しています。そこで本田は〝着替え動画〟という、若干色気を感じるものを制作したのかもしれません」(芸能記者)

    本田は普段、YouTubeをほとんど更新しないにもかかわらず、川口がYouTubeデビューした4日後に動画を公開していたあたり、ライバル視しているのは確実。また、川口の動画が話題になった後には、明らかに更新頻度が増えている。

    YouTube上で繰り広げられる日本絶世の美女の対決。2人がコラボしたら、どれほどの再生回数をたたき出すのだろうか…。

    http://dailynewsonline.jp/article/2225074/
    2020.03.06 10:30 まいじつ


    【【対立激化】川口春奈vs本田翼の戦争が本州を巻き込む事態に!】の続きを読む


    指原 莉乃(さしはら りの、1992年11月21日 - )は、日本のタレント、アイドルプロデューサーであり、女性アイドルグループ=LOVEおよび姉妹グループ≠MEのプロデューサーを務める。女性アイドルグループAKB48およびHKT48、STU48の元メンバー。AKB48の派生ユニットNot
    105キロバイト (14,507 語) - 2020年4月28日 (火) 06:56



    (出典 rubese.net)


    ガンバ!応援してるぞ!

    1 ジョーカーマン ★ :2020/05/04(月) 17:15:53.85

    タレントの指原莉乃が3日、自身の「note」を更新。
    だらしなく過ごす日々に喝を入れるため、「石原さとみさんだと思いながら生活しています」と明かし反響を集めている。

    指原莉乃「石原さとみ化計画」でだらけた生活に喝?
    この日の投稿タイトルは、ずばり「石原さとみ化計画」。
    だらしない毎日に喝を入れたいとき、自分のことを石原さとみだと思いながら生活するのだという。

    「誰に報告するわけでもなく、石原さとみさん風にメイクするわけでもなく。『いや、石原さとみこんなことしないわ!』と言いたくなる生活を回避すべく、そう思い込んで生きるのです」と諭した指原。

    あくまでも「やってそう」がテーマ
    実際に石原がやっているような美容術や生活は「私のような人間にはハードルが高過ぎて続かないと思うので」とし、あくまでも「やってそう」がテーマなのだとか。

    「石原さとみさんがやってそうという理由で勝手にやってるだけなので石原さとみさんの本当の美容法が知りたい方はぜひ美容雑誌をご覧ください」と注意書きの上、実際に自身がやっている「石原さとみ化計画」の内容を紹介した。

    「石原さとみ化計画」内容は?
    例えば、「まず朝起きて白湯を飲む」など。
    指原は「実際には白湯って、コンロの火で沸かして湯冷まししたものみたいなんですが、それだと大変なので普通にケトルで沸かして常温の水で割ってます。『エセ白湯』なんですがインスタのストーリーには『起きて最初は白湯(笑顔の絵文字)』として載せます」と、SNSの投稿方法まで説明。

    また、YouTubeでピラティスの動画を調べ10分ほど行うといいと言い、「日光を浴びながら行う朝のピラティスは脳を目覚めさせてシャッキリさせてくれます。のはずですが、日々だらけた生活しか行っていない私は朝ピラティスをすると疲れて1日ダラダラしてしまいます。11時に2度寝します。でもインスタのストーリーには『朝ピラティス、好き(安心した顔の絵文字)』と載せましょう」とアドバイスした。

    そのほか、Instagramストーリーでの絵文字の使い方、サラダの食べ方などについてつづり、「石原さとみさんはきっと家も綺麗だし、使った食器はすぐ洗うし、24時までにお風呂を済ませるし、寝る前にダラダラ携帯も見ない」と空想。

    「自分は石原さとみさんだ!と思う生活、本当に自分のことが好きになれます」と宣言した。

    ファンからも反響殺到「私もやる」「共感した」
    しかし最後には、「ただこれだけ言いたい。石原さとみ、こんな時間にnote更新しない」と吐露。
    この文章を書いていたのは深夜2時だったそうで「明日こそ、正しい石原さとみさんライフを。おやすみなさい。(悔し涙)」と結んだ。

    ネット上では、この「石原さとみ化計画」に反響が殺到。
    「笑えるけど本当に自分を奮い立たせられそうだな~!」「私も石原さとみ化計画します」「白湯とかピラティス中途半端なの共感しかない(笑)」「分かる。私も女優さんみたいな生活しようとして“エセ”になります」「同じことしてる(笑)」など、様々なコメントが寄せられている。

    元HKT48 指原莉乃

    (出典 pbs.twimg.com)





    【【指原莉乃】石原さとみと瓜二つになる計画実施中!】の続きを読む


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーディション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列
    74キロバイト (8,875 語) - 2020年4月7日 (火) 23:18



    (出典 urara-world.com)


    応援してるぞ!負けるなサトミ!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/09(木) 02:15:05.68

    女優の石原さとみ(33)が8日、フジテレビ系の「TOKIOカケル」(水曜午後11・00)に出演、過去の挫折を明かした。

    番組の中で、街の人に「石原さとみは○○しなさそう」ということを聞くコーナーがあり、そこで「人生で挫折したことがなさそう」と言われると「あります。もちろん」と語り、
    「お仕事がなくなったことがあります」と明かした。「21歳の頃、主演作品がなくなったり、CMが0本になったり、雑誌のレギュラーが8社あったのが全部なくなったり、
    ラジオのレギュラー5年間やっていたんですけど、それが一気に同じタイミングでなくなった」と語った。国分太一から「それ、焦りました?」と聞かれると「毎日泣いていました。どうしていいか分からなくて、すごい苦しかった」と振り返った。

    その時に「さとみは休んだ方がいい」と言われ、初めて1週間以上の休みをもらいニューヨークへ1人旅をしたことで「それで変わりました。好きなことをしようと思って。
    1人だから、何を食べたい、どこへ行く、何のネイルを塗るとか、全部自分で決める、というのを初めてして、そこから人生ずっと楽しいんです。強くなりました」と笑った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18092264/
    2020年4月9日 0時35分 スポニチアネックス


    【石原さとみの想像を超える挫折の過去!】の続きを読む

    このページのトップヘ