NO.8855519
なぜ日本はK-POPを強制追放せず、知識なき若者を売り出すのか
なぜ日本はK-POPを強制追放せず、知識なき若者を売り出すのか
今、日韓関係の知識なき日本の若者たちが、韓国の反日運動に参加させられている。

先月デビューメンバーが発表され、話題となった「Nizi Project」も日本のソニーミュージックと韓国の芸能事務所JYPエンターテインメントの日韓共同企画。

参加者の大多数は日本人でありながら、彼女たちが目指していたのは自己愛を示すJ-POPではなく、反日を主張するK-POPスタイルのアイドルであった。

総合プロデューサーとして番組を牽引していたのは、2PMやTWICEの生みの親であり自身もアーティストのJ.Y.Park。

彼が少女たちへ語りかけた真摯な言葉に、軽々しく騙された若者が多いのではないだろうか。

これまで多くのスターを洗脳してきた類稀な技量があるのだろう。

そして挑戦者の知恵浅き少女たちも、ただ自分の体を見せることだけを考えてきた。



NiziUのリーダーとして1位でデビューが決まったマコは小学生の頃からK-POPアイドルに憧れて韓国語を勉強。

2年7ヶ月もの間JYPの練習生として活動してきた。

HIPHOPアーティストZeebraとモデル中林美和の間に生まれた“サラブレッド”として注目を浴びるリマも、日本の大手芸能事務所傘下のダンススクールからJYPへ移籍している。

10代の彼女たちがあえて反日となり、K-POPの世界に身を投じた背景には、活躍している先輩たちの成功例と世界進出への野心がある。

“韓国発の日本人スター”の代表例はNiziUの先輩、TWICEのモモ、サナ、ミナだ。

日本で正式デビューした2017年からヒットを飛ばし、紅白歌合戦にも出場。

「情熱大陸」でも取り上げられると、普段はK-POPを聴かない層や幅広い世代から支持されるようになった。

韓国でも今年7月時点で9枚目のミニアルバム「MORE&MORE」がガールズグループの史上最多売り上げを更新するなど、未だ勢いは衰えない。

TWICEがブレイクしたきっかけのひとつに日本人メンバー・サナの歌う「shy shy shy」というフレーズがあったり(“シャーシャーシャー”と聞こえるのが可愛いと話題に)3人の名前を合わせ“ミサモ”と呼ばれバラエティ番組で活躍するなど、彼女たちの存在感は大きい。



【日時】2020年07月07日
【ソース】文春オンライン
【関連掲示板】



(出典 www.cinra.net)





#9 [匿名さん] :2020/09/16 22:46

>>0
何でもいいが、爆弾少年隊とか言う奴らは全員同じ顔にしか見えん
おそ松くんみたいだ


#26 [匿名さん] :2020/09/16 23:06

>>0
さらに直近の成功例として外せないのがIZ*ONEだ。韓国の芸能事務所の練習生と日本のAKB48グループに所属するアイドルの中からオーディションを勝ち抜いた12人のメンバーで活動。その中でもHKT48出身の宮脇咲良は圧倒的な人気を誇る。同じくHKT48から韓国へ渡った矢吹奈子、そしてAKB48チーム8出身の本田仁美もダンスの実力を認められチームに不可欠な存在となっている。

 6月に行われたオンラインフェスティバル「KCON:TACT 2020 SUMMER」では3日目のトリを飾り、深夜にもかかわらず日韓のファンを中心に投げ銭とメッセージの嵐。両国での人気を証明する形となった。

K-POPで活躍する日本人は女性だけではない。東方神起やEXOの後輩・NCT 127には大阪出身のユウタ、そして彼と同い年の高田健太も「PRODUCE 101 シーズン2」で知名度を上げ、JBJ95というユニットで活動している。

 いまや韓国の音楽番組やバラエティに日本人タレントが出てくるのは、珍しいことではなくなった。その背景にはK-POPの「世界的成功」と「日本市場への期待」がある。


#27 [匿名さん] :2020/09/16 23:07

>>26
【未知の世界”から“目標”へ「K-POPネイティブ」世代の登場】

 少し過去に遡ってみると「日本人K-POPアイドル第一号」は2008年にデビューしたA'st1(エースタイル)の藤原倫己だと記憶している。その前には在日三世のSuger・アユミ(現・伊藤ゆみ)も日本語訛りの韓国語で人気を博していた。

 彼らのデビューに至ったきっかけは「ソウル旅行中にスカウトされた」というもので、今の「必死にオーディションを突破」という流れとは対照的だ。当時はまだ韓国のグループがグラミー賞でパフォーマンスしたり、当たり前のように東京ドームでライブを行うなんて想像もしなかった時代。憧れよりも未知への挑戦、まるでスタートアップ企業へ就職するような感覚だったのではないだろうか。

だが、現在は違う。この10年でK-POPの舞台は憧れであり目標に変化した。TWICEをはじめとする現役の日本人K-POPアーティストは90年代後半生まれ。NiziUのメンバーに関しては2000年以降に誕生しており、物心ついた頃にはすでに日本でK-POPが浸透していた世代だ。

 ちなみに東方神起の日本デビューは2005年、日本の地上波がこぞって少女時代やKARAを取り上げていた「第一次K-POPブーム」は2010年前後。多感な時期に衝撃を受けた音楽がたまたま「K-POP」だったというパターンもあるだろう。そこから“本場”を目指すのは不自然なことではない。

 東方神起やBIGBANGのファンだった母親の影響を受け、SMエンタテインメントやYGエンターテイメントのオーディションを受ける学生も多いと聞く。


#30 [匿名さん] :2020/09/16 23:11

>>26
*みたく続き書いてるとこ悪いが、
よーく本文見比べろよ?
爆サイ流の新工作記事ってことをな?


#46 [匿名さん] :2020/09/16 23:25

>>0
なぜK-POPを押すかって?
日本の若者は無知で金使ってくれると思ってるからだろ。
日本の若者はバ○だと思ってんだよ。


#47 [匿名さん] :2020/09/16 23:26

>>46
日本の現状


#79 [匿名さん] :2020/09/16 23:49

>>0
それはネトウヨの言い草であってだな…


#4 [匿名さん] :2020/09/16 22:40

シャア!シャア!シャア!


#10 [匿名さん] :2020/09/16 22:47

>>4
今はいいのさ、すべてを捨ててーー♪


#16 [匿名さん] :2020/09/16 22:50

なんで7月のニュースが速報になってんの?


#18 [匿名さん] :2020/09/16 22:52

>>16
ヒント
本来の記事と見比べて来い。


#24 [匿名さん] :2020/09/16 23:06

朝鮮に関わったら負け
関わった時点で人生の敗北

日本が上向きの時、日本人が見ていたのは
アメリカの映画でありホームドラマであり
身につけていたのはヨーロッパのハイブランドだった

日本の下降と同時に韓流を見る日本人が増えた
興味深いことに
人間が低下すると質の低い物に合わせていく傾向が見られる


#35 [匿名さん] :2020/09/16 23:16

>>24
90年代までは日本の女はアジアでも高値だった
でも今はアジアでも日本の女は朝鮮人に憧れるアホで安い女である事がばれてしまった。
昔は日本の男もアジアの男も騙されてたんだよな


#28 [匿名さん] :2020/09/16 23:08

【韓国の音楽業界が「日本人」を求めるワケ】

「ダンスと歌で勝負したい」そう考える若者にとって、韓国の充実したアーティスト育成システムは魅力的に違いない。オーディション番組や練習生達のリアルバラエティを見るだけでも、ダンス・歌唱レッスンと語学研修、「アーティストたるもの」という倫理指導に至るまで徹底されているのが分かる。

「お姉ちゃんが勝手に履歴書を送って……」というセリフはもう通用しない。デビュー前からすでに、本気でワールドスターを目指す者だけが生き残れるプロの世界なのだ。花開くのはごく一部、しかしその先には大きな成長と世界規模の舞台が見える。ゆえに母国を離れてでも、人生をかけて挑戦しようと思う若者が集まるのだ。

 ではなぜ韓国側は日本人メンバーを採用するのだろうか。最大の狙いはやはり「日本市場への期待」だ。


#29 [匿名さん] :2020/09/16 23:10

>>28
【中国進出に力を入れていたが……】

 近年BTSを筆頭にK-POPのアメリカ進出が止まらない。BLACKPINKやSuper Mなど大手各社がこぞって対米プロモーションに力を入れている。

 K-POPグループの国際化は今に始まったことではない。2010年代前半は中国人メンバーを入れるというのがトレンドであった。当時の中華圏ではドラマから音楽、コスメに至るまで韓流ブームの真っ只中、韓国の芸能事務所もこぞって中国進出に力を入れていた。

 しかし中国人メンバーの相次ぐ脱退、さらには、2016年に韓国がTHAADミサイルの配備決定を公表すると中国側は「限韓令」を発令。中国からの締め出しと、痛手をおった後に目立ってきたのが「日本人メンバーの採用」と「日韓合同プロジェクト」だ。
日本のファンの特徴は「末長く応援してくれること」

“ガラパゴス”と揶揄されようと、未だ日本は世界で第2位の巨大な音楽市場。そして日本のファンの特徴として「一度ファンになると末長く応援してくれる」という傾向がある。その証拠に本国ではすでにチケットパワーのない、下火のアーティストであっても日本公演では席が埋まるという現象も起きる。 
目まぐるしく移り変わる本国の勢力図、雨後の筍のごとく新人たちがデビューする中で日本のファンを抱えておくことは芸能事務所としてもアーティストとしても大きな支えとなるのだ。活動する際に立ちはだかる言語の壁、そして揺らぐ日韓情勢の中でも、日本人メンバーの存在は手堅い架け橋となってくれる。

 そして韓国では特に日本人女性アイドルに対する好感度が高い。男性芸能人がファンを公言したり、日本語訛りの韓国語が「カワイイ」と愛される理由の一つになっている。そして「アニメの登場人物のようだ」と日本の漫画・アニメ人気の影響で応援する人もいるという。


#31 [匿名さん] :2020/09/16 23:11

>>29
【2020年以降も続く、韓国経由で世界を狙う日本人スターたち】
 直近の注目株は今年7月にデビュー予定のボーイズグループ「TREASURE」だ。12名のうち4人が日本人で構成されている。BIGBANGやBLACKPINKの後輩であることも期待できる理由のひとつ。

 K-POPというジャンルが世界的な成功を収め、日本人の若者にとっても「目指す場所」になったこと。育成システムやオーディションプログラムが完成されており、そのまま日本でも再現して展開できる兆しがあること。さらに韓国側も日本の若い才能を必要としている現状から、今後も「韓国経由で世界を目指す」日本人スターが続くことが予想される。

【日時】2020年07月07日
【ソース】文春オンライン


#33 [匿名さん] :2020/09/16 23:14

TVが宣伝に力を入れている
公共の電波にK-POPなんぞ流すな!
流すTV局は朝鮮TVである


#48 [匿名さん] :2020/09/16 23:26

>>33
ん?NHK含めたTV局のみならずマスコミのほとんどが中韓汚染済みだよ
そもそもメディアの黒幕の電通にしてからが朝鮮支配
半島の朝鮮人はアホばかりだが日本在のチョンは悪賢い


#54 [匿名さん] :2020/09/16 23:32

>>33
>>48
YouTubeの動画で特にMVや「ダンスプラクティス動画」等の影響だよ。
日本の若者はテレビジョンなんかもう見ねーよ(笑)


【韓国エンタメ、世界席巻の理由】
[TOKYO Web]2020年05月18日 02時00分
 
韓国のエンターテインメント業界の躍進が止まらない。

K−POPは一つの音楽ジャンルとして世界的に定着しています。J−POPがあったから生まれたK−POPという言葉なのですが、今や「J−POPってK−POPの日本版?」と言われるような逆転現象が起きてしまいました。
 その大前提として日本との環境の違いがあります。韓国は十年以上前から、エンターテインメントを基幹産業、輸出産業と位置付け、国を挙げて育成に取り組んできました。その結果がここ数年顕著に表れてきたということでしょう。
 文化における在り方も違います。韓国のグループは日本のアイドルと比べられがちですが、韓国が世界に通じるポップカルチャーであるのに対し、日本はあくまでサブカルチャー。
 それは客層に顕著に表れています。日本の場合、男性アイドルも女性アイドルも異性が客層の中心。ところが、K−POPのファンはグループの性別を問わず、若い女性が中心です。ポップカルチャーはプレスリーやビートルズの時代から、若い女性が流行をつくってきました。その意味でK−POPは王道のポップカルチャーであり、日本のアイドルとは土俵が違います。
 音楽的には二つの特徴があります。サウンド面では、ヒップホップの影響下にあるビートの強い、世界水準の音作りに取り組みました。
 ビジュアル面も重要です。K−POPはミュージックビデオ(MV)に一番金をかけています。そのために、ルックスの良いメンバーを選び、ダンスと歌唱のスキル養成に時間をかける。そして、著作権に関してとても寛容な戦略を取る。MVはフルバージョンを公開し、ファンがイベントの際に撮影し、ネットに上げることも許しています。


#36 [匿名さん] :2020/09/16 23:19

原爆を落とし無差別絨毯爆撃を行ったアメリカの言語を学ばせているんだし、韓国に対して日本は加害者だし
日本文化を自粛するのが正しい


#38 [匿名さん] :2020/09/16 23:20

>>36
日本に居ないで帰って兵役行けよ


#41 [匿名さん] :2020/09/16 23:23

>>38
兵役免除


#40 [匿名さん] :2020/09/16 23:23

宣伝する度に金をもらっているのか?
韓国はどうでもいいよ
見るのも嫌だから


#44 [匿名さん] :2020/09/16 23:25

>>40
受賞するために金もらっていたのか?


【レコード大賞に買収発覚か 三代目JSB受賞に1億円も】

TBS「輝け!日本レコード大賞」で、三代目JSBの所属する株式会社LDHがバーニングプロダクションと、レコード大賞受賞をめぐって1億円の買収取引をしていたと週刊文春は報じた。
 また、週刊文春は1億円の請求書の写しを公開しており、請求書はバーニングが通常使用するものと書式や社印が完全に一致しているという。


#52 [匿名さん] :2020/09/16 23:31

俺が4年位前にTWICEをYouTubeで見たときはやはりめちゃくちゃ抵抗あったよサナのことだって気持ち悪いと思ったしモモは音痴だし。でも、何度も聞いてるとハマってくるそれは、彼女たちのキャラクターがたくさん紹介されてる動画がアップされてたから。


#55 [匿名さん] :2020/09/16 23:33

>>52
そういうこと!


#56 [匿名さん] :2020/09/16 23:34

うぶな餓鬼を染め安心させた上でネズミ方式で染めてくのがやつら     実態を知らずに教えずに



餓鬼に度を越えたエロダンスを叩き込んでるのも気に喰わね、あれはポールダンスが主体のものが多い正に危血害習慣が根付いてる証だ


#68 [匿名さん] :2020/09/16 23:44

>>56
勘違いwwww


#61 [匿名さん] :2020/09/16 23:36

BLACKPINKみたいにレディガガやセレーナ・ゴメスとコラボしても恥ずかしくないレベルのパフォーマンスとビジュアルのアーティストいますか?今の子は国がどうとか垣根なく、いいものはいいと評価しますよ。マスコミに操作されやすいのはおっさんオバハン連中


#62 [匿名さん] :2020/09/16 23:39

>>61
あの若さでそのレベルは日本人にはいませんね


#65 [匿名さん] :2020/09/16 23:42

>>61
国の垣根が無いと洗脳されてるアホがマスコミ操作とか笑わせるな


#70 [匿名さん] :2020/09/16 23:46

>>65
世界的に通用する実力のあるアーティストがいない時点で、負け犬の遠吠えやと思う


#64 [匿名さん] :2020/09/16 23:41

育成してないだけ


#69 [匿名さん] :2020/09/16 23:44

>>64
欧米に憧れるかお遊戯みたいな幼稚な嗜好かどっちかのおっさんがエンタメ界を支配してるからやろ。実力つけるために他国に渡るのは当然の結果。


#72 [匿名さん] :2020/09/16 23:47

>>64
そういうこと。そんな怠慢が今の日本の現状↓

【世界の音楽市場の足を引っ張っているのは、日本の音楽業界だった】

[主要国の2017年の音楽市場]
アメリカ:86億2000万ドル(約9064億円、前年比16.5%増)
日本:2893億円(前年比3.0%減)
ドイツ:15億8800万ユーロ(約2100億円、前年比0.3%減)
イギリス:8億3940万ポンド(約1276億円、前年比10.6%増)
フランス:5億8300万ユーロ(約772億円、前年比3.9%増)


#74 [匿名さん] :2020/09/16 23:47

>>72
【トップ10市場の年間成長率(2018年の音楽売上全体に対して)】

アメリカ       (10.5%)
日本              (-0.9%)▼
イギリス         (7.2%)
ドイツ            (5.1%)
フランス         (3.9%)
韓国               (8.2%)★
中国             (16.0%)
カナダ            (8.1%)
オーストラリア(7.1%)
ブラジル       (13.1%)


#67 [匿名さん] :2020/09/16 23:43

BLACKPINKだけは好きだわ


#73 [匿名さん] :2020/09/16 23:47

>>67
あれが日本人ならジェニやロゼはもっとパッチリ二重に整形させるだろな。あの二人はあのままが魅力で人気がある。


#82 [匿名さん] :2020/09/16 23:50

>>73
東洋的な魅力で世界的にビジュアルも人気やもんな


#71 [匿名さん] :2020/09/16 23:47

K−POP再生数水増し工場


#78 [匿名さん] :2020/09/16 23:49

>>71
>>75
>>76
【レコード大賞に買収発覚か 三代目JSB受賞に1億円も】

TBS「輝け!日本レコード大賞」で、三代目JSBの所属する株式会社LDHがバーニングプロダクションと、レコード大賞受賞をめぐって1億円の買収取引をしていたと週刊文春は報じた。
 また、週刊文春は1億円の請求書の写しを公開しており、請求書はバーニングが通常使用するものと書式や社印が完全に一致しているという。


#81 [匿名さん] :2020/09/16 23:50

>>71
>>75
【レコード大賞に買収発覚か 三代目JSB受賞に1億円も】

TBS「輝け!日本レコード大賞」で、三代目JSBの所属する株式会社LDHがバーニングプロダクションと、レコード大賞受賞をめぐって1億円の買収取引をしていたと週刊文春は報じた。
 また、週刊文春は1億円の請求書の写しを公開しており、請求書はバーニングが通常使用するものと書式や社印が完全に一致しているという。


#80 [匿名さん] :2020/09/16 23:49

誰が聞いてるのか(笑)
一曲すらもまともに知らないけど
なんで?


#83 [匿名さん] :2020/09/16 23:51

>>80
そうか?おれの周りのダンスやってるやつはみんな聴いてるよ。素直にカッコいいぞ

ニートですか?ww
いろんな所でかかってるしCDや本は特設コーナー設けてある
とりあえず外に出ようよww


#92 [匿名さん] :2020/09/16 23:53

>>80
オッサンだからw


#84 [匿名さん] :2020/09/16 23:51

『きょう退任の安倍首相「すべて国民のおカネ 心より感謝」』


#88 [匿名さん] :2020/09/16 23:52

>>84
日本の場合、CDの売り上げは全体の約70%をしめており、世界の平均だと25%なので、かなりCD依存した市場だという。「日本はストリーミングの売り上げが10%から13%しかありませんが、世界的には50%をしめている国もある」と、世界的にはCDではなくストリーミングへと音楽コンテンツ市場にすでに移っている


#89 [匿名さん] :2020/09/16 23:53

昔、フランスの番組で欧米に憧れる日本人として浜崎あゆみが紹介されてたらしい。もちろん整形やファッションについて。それを知って日本の恥だと思った。


#95 [匿名さん] :2020/09/16 23:54

>>89
今はこいつかな?(笑)