肝冷やしNEWS速報

最新NEWSをどこよりも速くお届け!



    (出典 surfer-dog.com)



    1 幻の右 ★ :2020/07/14(火) 06:13:15 ID:9SHyRsSf9.net

    「7月11日には映画の宣伝のため、長澤まさみと東出昌大がバラエティ番組にも出演しました。東出がドッキリを仕掛けられるという内容でしたが、番組では屈託のない笑顔も見せていました」

    そう語るのはテレビ局関係者。今年1月に報じられた東出昌大(32)と女優・唐田えりか(22)の不倫愛。発覚から半年、同じように社会からの糾弾を受けていた2人の“差”は大きく開きつつある。

    「映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の公開が迫っていること、共演者の長澤まさみ(33)が周囲に“サポート”を表明していること、そしてアンジャッシュ・渡部建(47)の多目的トイレ不倫のインパクトが強烈すぎたこと……。さまざまな要因があると思いますが、事実上、東出は芸能界復帰を果たすことができました。

    いっぽうの唐田は、不倫騒動前に出演していた作品が放送されることがあっても、いまだ活動休止中です。それどころか仕事関係者たちも、彼女の所在すらわからない状況です」(芸能関係者)

    唐田は千葉県出身。不倫発覚までは、彼女は“地元の星”であり、地元の市民ホールで彼女の出演映画の上映会が開催された際には、実家の近所の人々もこぞって駆けつけたという。

    実家に住む姉に、唐田の近況について取材を申し込むと……。

    「すべて事務所さんにお任せしていますので……、私たちからお話しすることはないのです」

    ――ご実家に帰ってくることもあるのでしょうか?

    「こちらには、ほとんど戻りません。ただLINEで連絡はできますから、本人が元気でいることは間違いないです」

    ――女優復帰は厳しいのではないか、という声もあります。

    「このまま引退ということはないはずです。それでは本人はもちろん、家族も悔しすぎます。(仕事再開については)事務所さんにお任せしていますが、本人も仕事を続けるつもりですし、家族としても応援を続けていきます」

    女優復帰を待っているという唐田の家族。バラエティ番組で笑顔を見せている東出の姿は、彼らの目には、どのように映っているのだろうか。

    「女性自身」2020年7月28日・8月4日合併号 掲載
    7/14(火) 6:05
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6d45c5779ffd01b0de0c41dbf377b5dd110a8f6c


    【【唐田えりか】遂に東出について語るのか・・・】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 Egg ★ :2020/07/13(月) 09:45:28.35 ID:aDOPENBl9.net


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    タレントの木下優樹菜さんが引退を発表しました。

     木下さんは、自身の姉が働いていたタピオカ店とのトラブルが原因で、昨年11月から芸能活動を自粛していました。7月1日に所属事務所を通して芸能界への復帰を発表したものの、7日になって急転直下の引退発表となりました。

     引退の原因は木下さんに新たなトラブルが発覚したからとも言われていますが、その一方で、元夫のお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史さんが、子どものことを考えて引退するように説得したという報道もあります。

     藤本さんと木下さんは、タピオカ騒動の後、昨年末に離婚しました。離婚後も同じタワーマンションに住み、藤本さんは今後も家族を支えると言っているそうです。

     このような二人の関係について、世間では偽装離婚ではないかと疑う声も上がっています。実態はどうなのでしょうか。

     男女問題に詳しい弁護士の堀井亜生が解説します。

    かっとなったらすぐ離婚?
     筆者の見解では、結論から言うと偽装離婚ではないと思います。

     二人それぞれの事情から一定の関係が続いているものの、不仲なのは事実で、夫婦としての実態は既にないと考えるのが妥当でしょう。

     離婚したら相手とはもう会わないものだと考える人も多いかもしれませんが、だらだらと関係を続ける人もいます。復縁をする、しないに関わらず、別れた交際相手や別れた配偶者と連絡を取り続けるタイプの人です。

     これは、人を自分の仲間かそうでないかで考えて、一度仲間と認識した相手のことはなかなか切り捨てないという、昔やんちゃだった人に多い特徴です。タピオカ騒動で実姉をかばおうとした姿からしても、木下さんもおそらくこのタイプなのではないでしょうか。

     そのため、藤本さんに対しても、離婚してもはっきりとは縁を切らず、子どもを通じたファミリーとして接していると思われます。

     また、こういったタイプの人には、結婚や離婚に対するハードルが低いという特徴もあります。お金や子どものことや世間体などはあまり考えず、盛り上がったら結婚をして、かっとなったら離婚するという、ある意味でシンプルな考え方と言えます。

     中には同じ相手と結婚と離婚を繰り返している夫婦もいますが、当人たちは毎回本気で、籍を入れたり抜いたりしているのです。

     これらの点と、タピオカ騒動の流れからしても、木下さんはかっとなったらすぐに行動に出るタイプで、好きな相手ができて盛り上がったら、家庭があっても勢いで不倫をしてしまう人なのかもしれません。

    つづく

    7/13(月) 8:01 現代ビジネス
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b2e9e4f2fd435cefc2b1eabdfe4060e42a4f49aa


    【【木下優樹菜】偽装結婚が確定したことについての報告がエグい・・・】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    11 不要不急の名無しさん :2020/07/12(日) 22:38:25.27

    MUST WATCH: President Trump Ro*s Cowboy Hat (FNN)

    (出典 Youtube)


    【【アメリカ】コロナを移し合うパーティーで男性参加者死亡!】の続きを読む



    (出典 nurse-cube.com)



    1 夜のけいちゃん ★ :2020/07/13(月) 07:45:50.01

    2020年7月13日 5時15分

    看護師などのことしの夏のボーナスを去年よりも引き下げた医療機関が、およそ3割に上ることが分かりました。調査を行った労働組合は、「新型コロナウイルスに感染する危険を感じながら使命感で働いている医療従事者の退職が増えるおそれがある」と指摘しています。

    日本医療労働組合連合会が加盟する医療機関を対象にことしの夏のボーナスについて調査したところ、先月30日の時点で回答した338の医療機関のうち、およそ3割にあたる115の医療機関でボーナスの額が去年より引き下げられていたということです。

    理由としては新型コロナウイルスの影響で受診控えが広がり、経営が悪化したことなどがあげられていたということです。

    このうち、東京女子医科大学病院の労働組合によりますと、経営悪化を理由にことしの夏のボーナスは全額カットとなり、退職の意向を示している看護師が数百人規模にのぼるということです。

    これについて、東京女子医科大学病院は「回答を控える」としています。

    日本医療労働組合連合会は「多くの医療従事者が新型コロナウイルスに感染する危険を感じながら使命感で働いている。経営難が続けば冬にはさらに多くの医療機関でボーナスが引き下げられる可能性があり、退職する人が増えるおそれがあるため対策が必要だ」としています。

    ソース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200713/k10012511731000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012


    【看護師のボーナスが激減することが確定!!!】の続きを読む


    コウテイは、吉本興業所属のお笑いコンビ。大阪NSC35期。 下田真生(しもた まさき、 (1993-05-15) 1993年5月15日(27歳) - )ボケ担当。立ち位置は向かって左。 重力に逆らうように全ての髪を立ち上げている。身長164cm、血液型B型。苗字の読みは「しもだ」ではなく「しもた」である。
    13キロバイト (1,745 語) - 2020年7月12日 (日) 09:12



    (出典 www.mbs1179.com)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/07/12(日) 17:57:49.28 ID:8olApXWH9.net

    2020.7.12 17:40

     芸歴10年目以下の芸人で争われる「第41回ABCお笑いグランプリ」決勝が12日、大阪市福島区のABCテレビで行われ、結成8年目のコウテイが優勝した。

     12組が3ブロックに分かれて行われた予選をコウテイは漫才で突破。オズワルド、フタリシズカと挑んだ2本目ではコントで爆笑をもぎ取り、栄冠を手にした。

     優勝が決まった瞬間、2人は号泣&絶叫。九条ジョー(26)は「MKです。めっちゃ気持ちいい」と声を詰まらせれば、下田真生(27)は優勝賞金100万円の小切手を手にして「これーーー! やったぁ!」と喜びを爆発させた。

     今年は480組の中から新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客の動画配信などで予選を実施。

     当日のスタジオも観客を約40人に制限し、同局横のABCホールでパブリックビューイングを行って約60人が観覧した。

    https://www.sanspo.com/geino/news/20200712/owa20071217400009-n1.html


    【【コウテイ】お笑いコンビが優勝したが確実に大ブレイクする予兆が現れている!】の続きを読む

    このページのトップヘ